本文へ移動

私たちの活動

教会奉仕

 本修道会の創立の歴史において、教区の司牧を支えるために共同体が設立された事から、この奉仕は私たちの会の特徴です。
 「私たちは、身近な人びとの必要を共有し、(中略)地域に根ざし、(中略)教会への奉仕を通して、福音化に励みます。」(会憲第5条)
 それは、聖母マリアがナザレの生活において、聖家族に奉仕し寄り添った姿を、私たちが模範としているからです。

主な奉仕内容
 ・司祭館奉仕
 ・カテキスタ
 ・サクリスタ
 ・駐日ローマ教皇庁大使館

地域とのつながり:マキネットワーク

 私たちは、「キリストの兄弟である『もっとも小さい者』への奉仕」(会憲42条参照)を実行するために、情報収集とニーズに応えるためのネットワーク作りを目指します。このネットワークを創立期の姉妹の一人「岩永マキ」の名前をとってマキネットワークと呼ぶことにしました。各地区にチームを作り、地域の方々のニーズを拾い上げるようにします。
 また、他の地区、本部との情報共有、実践のための協力体制を築くようにします。各地区のチームはマキネット○○と称し、必要な情報収集と具体的な活動のためにミーティングを地区単位で始めています。

医療事業

「自分を愛するように他人を愛しなさい」
 聖マリア病院はカトリックの精神に基づき、地域の方の要望に応えながら、いのちの尊厳と心と体と魂の癒しのために、行き届いた医療を目指します。

社会福祉事業

 お告げのマリア修道会を母体として、「互いに愛し合いなさい」とのカトリックの愛の心で、利用者の人権や主体性を尊重し、最善の幸福のために地域社会と力を合わせ、社会福祉を積極的に推進し、地域における支援を行います。
お告げのマリア修道会
〒851-1132
長崎県長崎市小江原4丁目1番1号
TEL.095-846-8300
FAX.095-842-0079
0
5
0
8
9
4
TOPへ戻る