本文へ移動

修道院の季節ブログ

修道院の季節:Blog

ド・ロ神父のオルガンの修理が始まっています

2021-12-16
カテゴリ:救助院
注目
ド・ロ神父様が1889年ごろに取り寄せたオルガンの修理が始まりました。
空気を送るためのペダル部分の布は虫に齧られ破れていましたし、とにかく解体しての修理が必要な状態でした。修理を手掛けてくださるのはドイツ人のオルガン職人クライスさんと助手の唯さん、一月近い仕事となります。宜しくお願い致します。
解体されたオルガン。オルガンと言えるのか疑問ですが、オルガンの外枠です。
仕事中のクライスさん。周りの木片は全部オルガンのパーツです。右側の木はペダルを載せるもの?
これはオルガンの鍵盤の一つ。
このオルガンは二段の鍵盤があり、上段の鍵盤は左右に動かして移調できるようになっています。これは上段の鍵盤のようです。
お告げのマリア修道会
〒851-1132
長崎県長崎市小江原4丁目1番1号
TEL.095-846-8300
FAX.095-842-0079
0
4
7
5
0
3
TOPへ戻る